Unyablog.

のにれんのブログ

systemd

systemd の dbus のパス

よく混乱するのでメモ。 Init としての systemd /run/systemd/private systemd 専用の direct な socket。 なので、ここに投げたら直接 systemd に飛ぶ*1。 systemctl などはここに投げている。 systemd が直接 bind / listen しているので、 dbus-monitor …

Debian で systemd --user 時に dbus-daemon を起動する

systemd を user 単位で動かした際、主に CUI 環境では*1、 dbus-daemon は systemd が内部で用いるものしか生成されない*2。 このような状況で、dbus 経由で systemd 等を触りたい場合は dbus-user-session を入れると良い。 Debian -- stretch の dbus-use…

systemd-nspawn に関するメモ (--as-pid2 / ネットワーク関係)

--as-pid2 指定されたものを pid 2 で実行する。pid 1 には STUBINIT が入り、pid 1 に課せられた仕事を代わりにやってくれる(シグナル処理等)。何か(実質)シングルプロセスで立ち上げたい時はコレ使ってると良さそう。 root@piyo:~# systemd-nspawn --mac…

systemd-nspawn 235 のコンテナで mlock を行う

systemd-nspwan で Elasticsearch の運用をしている。親のホストは ArchLinux なので新しい systemd が入ってくる。 ある日、 pacman -Syu して systemd を 234 から 235 に上げたら Elasticsearch がエラーで落ちるようになった。 [2017-10-19T07:10:13,955…