Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Unyablog.

のにれんのブログ

Haskell入門 13日目

十三日目

時間が開いてしまってやることを忘れたのでまずここのログを読みなおした。メモ残すこと大事だなって思いました()

WindowsHaskell しようかと思って Stack いれたけど cmd 使うこと考えると嫌になってすぐアンインストールしました*1

7.9

  • 型クラス懐かしい
    • 要するにjavaインターフェースみたいなもんでしょっていうjava変換おじさんになってる。
  • 自動でやってくれるけど今回はちゃんとやってみますねっていう感じか
    • Serializable 的な hogehoge
  • 循環的な定義もできるの良い

  • 試しに Show を付けなかったらghci で Red だけするとエラーになった。これ前もやったかもしれない。

  • サブクラスは制約っぽい

  • Maybe は直接できないので二重にやるなるほど

  • このへん Haskell 勝手にやってくれるの良いですね。

7.10

  • if の中になんでも入れれるの便利で java 使ってると羨ましくなる。
型クラス制約付きの引数を具体型によってパターンマッチングはできるのか?
hoge :: (Num a) => a -> String

といった関数がある時、Int とそれ以外で挙動を変えたい場合はどうすればいいのか?と思って調べたメモ。

データ型の直和型や列挙型をパターンマッチングするのは簡単にできるのですが...

試しに

hoge :: (Num a) => a -> String
hoge (x::Int) = "aaa"
hoge x = "hoge"

などと書くと Perhaps you intended to use ScopedTypeVariables と言われたのでそうしてみたけど関係なさそう。

しばらく考えたらこういう案件こそ型クラスを使うべきなんだなあと気付きました。

  • 最悪っぽいの

http://stackoverflow.com/questions/4131552/haskell-check-if-integer-or-check-type-of-variable

にある二番目の解答。

import Data.Typeable
isInteger :: (Typeable a) => a -> Bool
isInteger n = typeOf n == typeOf 1

最悪っぽい。

  • yesnoIf が簡単に実装できるのは便利だなあという感じ。

7.10

  • instance Functor [] where と書くことになるのは、class Functor
class Functor f where
   fmap :: (a -> b) -> f a -> f b

と宣言されていて、これによって f 自体は 具体型ではなく型コンストラクタになる ためである。

そのため、

class NonyFunctor f where
    fmap :: (a -> b) -> f a -> f b

instance Functor Int where

として具体型を入れると

The first argument of ‘Functor’ should have kind ‘* -> *’,
  but ‘Int’ has kind ‘*’
In the instance declaration for ‘Functor Int’

と怒られることになる。

  • fmapmap が同じなの、なるほどという感じ

  • 要するに、fmap は型クラスの中にある値に直接関数をどうこうしたいときに使うものみたいな感じですね

  • Either a は型コンストラクタ

    • こういうのを見ると左にエラー入れるってのもなるほど感ある
    • Either いみわからんとか言ってたけど tuple とはまた別の物ですね。片方しか入れられないし。

7.11

  • :k 便利

:k Num とすると Num :: * -> GHC.Prim.Constraint となった。

これは型クラス制約のことで、 Num a は型クラス制約となることの現れ。

:k FunctorFunctor :: (* -> *) -> GHC.Prim.Constraint となり、型コンストラクタを引数に取り型クラス制約になるということ。

感想

  • またまた久しぶりになってしまった...
  • 型クラス制約と型コンストラクタがごちゃごちゃになってたので 7.11 読んでよかった。
    • 段々難しくなってきた気もするけどしばらくブランク空いたからかもしれない

*1:今は Arch LinuxVM でやってます