Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Unyablog.

のにれんのブログ

pipenv を使ってみる

Python における bundler といえば (超ざっくり言えば) virtualenv になるのですが*1、イマイチ使いにくいなと思っていたら pipenv というものが登場していた。ちょっと使ってみたのでメモ。

何するやつ

github.com

  • Pipfile(.lock)を元に良い感じに virtualenv 作成 + pip install してくれるやつ
    • Pipfile が使える便利 virtualenv wrapper という感じ
  • requests と同じ作者なので流行りそう

インストール

$ pip3 install pipenv

pipenv 環境作成

--three と指定すると Python3 だけの環境が作られる。--two も同様。

$ pipenv --three

Creating a Pipfile for this project...
Creating a virtualenv for this project...
⠋Already using interpreter /usr/bin/python3
Using base prefix '/usr'
New python executable in /home/nonylene/.local/share/virtualenvs/pipenv-test-Iy4gNUM5/bin/python3
Also creating executable in /home/nonylene/.local/share/virtualenvs/pipenv-test-Iy4gNUM5/bin/python
Installing setuptools, pip, wheel...done.

Virtualenv location: /home/nonylene/.local/share/virtualenvs/pipenv-test-Iy4gNUM5

home 以下に virtualenv を作成されたくない場合は環境変数 PIPENV_VENV_IN_PROJECT を 1 にすれば .venv/ に作成される。この辺 --path で指定したいですね。

Pipfile

PipfileGemfile と同じ要領で使えるもの。toml で記述する。

[[source]]
verify_ssl = true
url = "https://pypi.python.org/simple"

pip 2.0 に向けて Pipfile の仮実装があり、これを使っているらしい。

Pipfile を主に実装した人は pipenv 作った人と同じ人だった。実装は落ち着いているけど pip に取り入れられるのはいつになるのか…。

github.com

パッケージ追加

pipenv install [package] でインストールするとパッケージが virtualenv にインストールされ、 Pipfile も置き換えてくれる。

$ pipenv install requests

Installing requests...
Collecting requests
  Downloading requests-2.13.0-py2.py3-none-any.whl (584kB)
Installing collected packages: requests
Successfully installed requests-2.13.0

Adding requests to Pipfile's [packages]...
P.S. You have excellent taste! ✨ 🍰 ✨

最後の行は作者のライブラリを入れた時に表示される。良い話。

$ cat Pipfile

[[source]]
verify_ssl = true
url = "https://pypi.python.org/simple"

[packages]
requests = "*"

lock

Pipfile.lock の生成。

$ pipenv lock

Locking [dev-packages] dependencies...
⠹Locking [packages] dependencies...
⠹Updated Pipfile.lock!

Pipfile.lock が生成される。 json らしい。人間が触るものではない。

$ cat Pipfile.lock

{
    "_meta": {
        "hash": {
            "sha256": "da2810af0c3b5333e0de2fce9bea2a228812e2014e5f5fe3b1c533badc6c24e4"
        },
        "requires": {},
        "sources": [
            {
                "url": "https://pypi.python.org/simple",
                "verify_ssl": true
            }
        ]
    },
    "default": {
        "requests": {
            "hash": "sha256:1a720e8862a41aa22e339373b526f508ef0c8988baf48b84d3fc891a8e237efb",
            "version": "==2.13.0"
        }
    },
    "develop": {}
}%

activate virtualenv

$ pipenv shell を用いることで、virtualenv の activate された shell が起動する。

$ pipenv shell

Launching subshell in virtual environment. Type 'exit' or 'Ctrl+D' to return.

$ python3
Python 3.5.2 (default, Nov 17 2016, 17:05:23)
[GCC 5.4.0 20160609] on linux
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> import requests
>>> requests.get("http://example.com")
<Response [200]>

run

$ pipenv run を使えば bundle exec っぽいことができる。これが便利。

$ pipenv run python3 -c "import requests; print(requests.get('http://example.com').text)"
<! doctype html>
...

ただ spawn していて新しいプロセス立ててるので pipe が上手くいってなく、パイプやリダイレクションができない。*2

追記: マージされたので今後は大丈夫になるでしょう。

github.com

その他

  • pipenv install をすると Pipfile.lock || Pipfile にもとづいてインストール・ virtualenv 構築してくれる。
  • その他アップデートコマンドなどもある。 ( README.md にだいたい書いてある )
  • 個人的にはインストールパスを記憶させてほしいけどまだできなさそう

Remember where the virtual environment was created · Issue #252 · kennethreitz/pipenv · GitHub

まとめ

Pipfile をお先に扱える + virtualenv の便利 wrapper として bundler 感覚で使えるのが良いと思いました。積極的に使っていこうと思います。

*1:ざっくり言い過ぎ

*2: exec してくれ~という issue たてた。